Facebookピクセル

広告

Facebookピクセルとは?

 状態:-  閲覧数:1,093  投稿日:2018-01-06  更新日:2018-01-06  
ウェブサイトで実行されたアクションを把握して、宣伝の効果を測定できる分析ツール
・広告キャンペーンの「ターゲット層の測定」、「最適化」、「構築」を可能にする、ウェブサイト用のJavaScriptコード

ピクセルデータは次の目的で使用できる
・広告が狙いどおりの人々に表示されているかを確認する
・広告のターゲット層を構築する
・その他のFacebook広告ツールを利用できるようにする

処理の流れ


1.ピクセルコードをウェブサイトのヘッダーに実装して、Facebookピクセルを設定する
2.利用者があなたのウェブサイトにアクセスして、購入を完了するなどのアクションを起こすと、Facebookピクセルがトリガーされ、このアクションを報告する

メリット


導入すると、顧客がアクションをとった時期がわかり、今後Facebook広告で再度顧客にリーチすることができる
・WebサイトにFacebookピクセルを埋め込むことで、Facebook広告を見た人がその後に実行したアクション(例えば、購入や登録など)を、複数のデバイス(スマホ、タブレット、PC)を横断してトラッキングすることを可能にする


DTC広告

Google タグマネージャ

コメント投稿(ログインが必要)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 Facebookピクセル 92
2 activeCollab 42
3 WebLogic 40
4 Webスクレイピング 36
5 Chromecast 36
6 Apache Solr 35
7 Flash Video 35
8 MeCab 33
9 border 33
10 article 32
11 YouTube 32
12 Basecamp 30
13 Markdown 30
14 memcached 29
15 Hibernate 29
16 attribute 29
17 Subversion 27
18 Same-origin policy 27
19 git push 26
20 シーケンシャルアクセス 26
2024/7/13 22:22 更新