VPAID

広告

VPAIDとは?

 状態:-  閲覧数:606  投稿日:2018-01-08  更新日:2018-01-08  
片仮名表記
・ブイピーエイド
・ブイペイド

「Video Player-Ad Interface Definition」の略称
・「動画プレイヤー広告インターフェース定義」の略称

動画プレーヤーに広告を配信する広告タグを構造化するための動画広告配信テンプレート
・VASTは、XMLスキーマを使用して、広告に関する重要なメタデータを広告サーバーからビデオプレーヤーに転送する
・VASTは2008年に初めに立ち上げられて以来、デジタルビデオ市場の成長に重要な役割を果たした

IAB が定めている、動画広告と動画プレーヤーの相互通信を可能にする標準規格
・インターフェース仕様
・動画広告の規格(フォーマット)の一種
・動画プレイヤーと動画広告クリエイティブの間の連携ルール
・動画プレーヤーとリッチメディア広告の間の双方向通信を可能にするAPI規格

動画プレイヤーに指示を与えるスクリプト
・どの広告を再生するのか、広告の長さはどれくらいか、いつ広告を表示するのかを指定

VPAIDを定めたのは?


アメリカのWeb広告の業界団体Interactive Advertising Bureau(IAB)



VPAIDを開始する際の注意点 / VPAID導入メリット / VPAID導入デメリット

 閲覧数:275 投稿日:2018-01-08 更新日:2018-01-08 

VPAIDを開始する際の注意点


動画をVPAID対応の動画プレイヤーで再生する
・動画プレイヤー側も「VPAID」に対応している必要がある

VPAID導入メリット


1:動画広告の効果測定がより細かくできるため、広告詐欺の防止や正確な改善が行える
・「VAST」でも指標として取れていたクリック数/インプレッション数/再生数/中間まで再生された回数/視聴完了回数/一時停止・ミュート解除数などに加え、ビューアビリティ(総インプレッションに対して広告が見える状態で掲載されている割合)やアドフラウド(botによるクリックや閲覧のこと)の計測も可能になる

2:インタラクティブな機能を追加できる
・動画広告をより豪華(リッチ)で、インタラクティブな表現にできる
・動画プレーヤー内の動画広告にインタラクティブな要素を含めることができる
・動画プレーヤーでのコンテンツの一時停止を広告からリクエストすることができる
・広告の再生完了時に広告から動画プレーヤーを更新し、動画プレーヤーで動画コンテンツの再生が再開されるようにできる
・広告の読み込みに時間がかかりすぎる場合に、動画プレーヤーを優先できる。つまりこの場合、VPAID により広告が停止され、動画コンテンツの一時停止が解除される
・広告(VPAID 2)のサイズを変更できる

VPAID導入デメリット


VPAIDを導入すると自社サイトの動作が遅くなることがある


Digital Video Player-Ad Interface Definition (VPAID) 2.0


VAST

コメント投稿(ログインが必要)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 API 75
2 VAST 44
3 MPEG-DASH 43
4 ASCII 40
5 DIコンテナ 36
6 IPアドレス 36
7 OpenID 36
8 YouTube Data API v3 33
9 AirPlay 33
10 UI 29
11 POP 25
12 DMZ 25
13 PNG 25
14 UPS 25
15 MTA 25
16 SMTP 22
17 NP困難 22
18 CRUD 22
19 OAuth 20
20 DTC広告 20
2023/2/06 1:44 更新