シェル

Linux

目次一覧

 状態:-  閲覧数:701  投稿日:2019-12-02  更新日:2019-12-02  
シェル / シェルとは?/ シェルの種類

シェル / シェルとは?/ シェルの種類

 閲覧数:321 投稿日:2019-12-02 更新日:2019-12-02 

シェル


英語表記
shell

シェルとは?


OSとユーザのやり取りを仲立ちするためのもの
・オペレーティングシステム (OS) のユーザーのためにインタフェースを提供するソフトウェア
・カーネルのサービスへのアクセスを提供する

ユーザーはカーネルを直接操作することは出来ない
・予め用意されたインターフェイス(窓口)を通して、カーネルに対してコマンド実行を要求する
・このインターフェイス部分がシェルに該当する

OSをユーザから守るための殻
ユーザーが直接OSを操作して、システム全体におよぼすような致命的なエラーを発生させるといったことを回避するために、OSの外殻(貝殻・シェル)として存在する

シェルが行うこと
・ユーザーが入力した文字の行(コマンドライン)を読み取り、それを解釈してカーネルへ伝える
・カーネルはシェルの要求に応えてプログラムの起動や制御を行う
※Linuxでは標準的にbash(bourne again shell)というシェルが標準的に使われている

シェルの種類


比較一覧表
- 英語表記 説明
sh Bourne shell 現在利用できるもっとも古いシェル。 AT&T のベル研究所で開発され、 開発者の1人であるSteven Bourne 氏にちなんで名付けられた。 色々なシェルの中で共通項的な位置にあり、 ほとんど全ての UNIX で利用できる標準的なシェルであるため、 シェルスクリプトの作成には B シェルがよく用いられる
csh c shell カリフォルニア大学バークレイ校の William Joy 氏が中心になって開発したシェル。C 言語に似た構文を持つことから、この名前が付けられている。 B シェルに比べ、ヒストリー機能やジョブ制御、 エイリアスなどの機能が付加されており、対話形式で使用する場合に便利である
bash Bourne Again shell MIT(マサチューセッツ工科大学)の Brian Fox 氏が作成したシェル。現在、GNU ソフトウェアの一部として配布されている。 ユーザーインターフェイスとしての機能を強化するため、 ヒストリー機能、エイリアスなどが追加されている
fish Friendly Interactive Shell タブ補完機能がユーザフレンドリかつ強力である。全ての補完に対する簡易な説明や、ワイルドカードを含む文字列での補完や、たくさんのコマンドについて固有の補完を含む
その他 - csh の拡張版である tcsh(TC shell)や、zsh、ksh などがある



Linux

コメント投稿(ログインが必要)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 シェル 100
2 シェルスクリプト 55
3 ミドルウェア 44
4 グループウェア 40
5 ファイルシステム 36
6 マシンリーダブル 36
7 メール 33
8 フェーズ 29
9 プロキシ 29
10 ルーター 29
11 ロケール 29
12 シーケンシャルアクセス 29
13 ドングル 29
14 ベクトル 29
15 Lucene(ルシーン) 27
16 セッション 25
17 ゼロフィル 25
18 フィルター 25
19 ベジェ曲線 25
20 コネクション 22
2024/7/13 21:16 更新