DNSレコード

ネットワークDNS

目次一覧

 状態:-  閲覧数:899  投稿日:2019-01-25  更新日:2019-01-25  
DNSレコードとは? / DNSレコードの設定 / Aレコード
CNAMEレコード / NSレコード / MXレコード
TXTレコード

DNSレコードとは? / DNSレコードの設定 / Aレコード

 閲覧数:336 投稿日:2019-01-25 更新日:2019-01-25 

DNSレコードとは?


ゾーンファイルの中身の各行
・ゾーンファイルの中身のDNSレコードは、書き方によって、いくつかの種類に分類される
※ゾーンファイルとは、「IPアドレスとドメイン名の対応表」のこと

DNSレコードの設定


一覧表
レコード名 目的
A ホスト名+ドメイン名にIPアドレスを関連づける
CNAME ホスト名+ドメイン名の別名のものに転送する
NS 別のDNSサーバーに処理をさせる
MX ホスト名+ドメイン名でメールが使えるようにする
TXT 認証などができるようにする

Aレコード


正式名称
・Addressレコード

特定の「ホスト名+ドメイン名」に対応する、固定IPアドレスを設定
・IPv4アドレスの場合は Aレコードで、IPv6アドレスの場合は AAAA(クワッドエー)レコードで設定する

CNAMEレコード / NSレコード / MXレコード

 閲覧数:333 投稿日:2019-01-25 更新日:2019-01-25 

CNAMEレコード


正式名称
・Canonical NAME レコード

特定の「ホスト名+ドメイン名」を、別名の「ホスト名+ドメイン名」に転送

NSレコード


正式名称
・Name Server レコード

特定の「ホスト名+ドメイン名」を、別のネームサーバーで名前解決

MXレコード


正式名称
・Mail Exchanger レコード

特定の「ホスト名+ドメイン名」宛のメールを、別のメールサーバーへ配送

TXTレコード

 閲覧数:338 投稿日:2019-01-25 更新日:2019-01-25 

TXTレコード


正式名称
・Text レコード

特定の「ホスト名+ドメイン名」に、テキスト情報(文字列)を関連付け、送信ドメイン認証(Sender ID/SPF)などを設定


DNSサーバ

TTL設定

コメント投稿(ログインが必要)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 DNSレコード 100
2 DNSサーバ 62
3 改行コード 50
4 ネットワークアドレス 35
5 イテレータ 33
6 ペイロード 33
7 DIコンテナ 31
8 フレーズ検索 31
9 IPアドレス 31
10 MS-DOS 31
11 MACアドレス 29
12 コンポーネント 29
13 コーディング 29
14 オーバーヘッド 29
15 SMTPサーバ 29
16 レプリケーション 27
17 レガシーシステム 27
18 POSTメソッド 27
19 ユークリッド距離 27
20 MPEG-DASH 25
2024/7/13 21:29 更新