可搬性

プログラミング

プログラムに可搬性があるとは?

 状態:-  閲覧数:2,099  投稿日:2010-11-03  更新日:2017-06-12  
1 つのハードウェア/ソフトウェア・プラットフォームで実装したプログラムを,ソース・コードの最小限の変更だけで別のシステムへ移植できるということ
・最初のシステムで得られた正しい結果は,他のシステムでも正しくなくてはならない
・プログラムを移植するときに加えなければならない変更数は,場合により大きく異なる

厳密な可搬性
・まったく変更を加えなくても良い

可搬性のないカスタマイズ
・あまりにもたくさんの変更が必要な場合,新しいプログラムを設計または実装した方が効率的な場合もある
・ほとんどのプログラムは,その寿命が終わる前に,別のシステムへの移植を行う必要が生じる

Twitter検索結果。「可搬性」に関する最新ツイート

つつく【毎日再起動】 @tsutsukumoon
Mizuti(転生版2023/こっちが現行) @MizutiRebirth

改行コード

バイナリセーフ

コメント投稿(ログインが必要)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 計算可能関数 22
2 計算複雑性理論 20
3 ペイロード 0
4 mod_deflate 0
5 バイト 0
6 ビット 0
7 スパイラルモデル 0
8 マシンリーダブル 0
9 整数 0
10 2の補数 0
11 IEEE 754 0
12 複素数 0
13 虚数 0
14 実数 0
15 有理数 0
16 無理数 0
17 補数 0
18 Subversion 0
19 HTTP圧縮 0
20 自然数 0
2023/2/06 1:56 更新